白髪を染めると印象が変わる

白髪のない黒髪に生まれ変わると、容姿や気分が若返るだけではなく、愛もさらに育まれることでしょう。
もし、最近化粧や白髪染めを怠っている女性や男性の方がいらっしゃったら、1日だけでもいいので白髪染めをしてみてはいかがでしょうか。

 

きっとパートナーが思うあなたへの見方がガラリと変わるかもしれません。

 

マンネリを解決しよう

結婚して10年、20年、もしくは30年になってくると、自然と愛を育む行為も少なくなってくるものです。
子供がいれば、相手を異性としてではなく家族、パパ、ママとして見てしまいがちです。
良く言えば恋人からパートナーへ。悪く言えばマンネリと言ったところでしょうか。

 

もう一度異性として相手を見たい、そのような胸中をお持ちの方であれば、是非次の方法が有効です。

 

白髪染めをして若きあの頃へ

白髪が増えてくれば、当然見た目年齢も上がり、40代には40代の、50代には50代の白髪の量というものがあります。パートナーは普段から見慣れているので、指摘することもないと思いますが、同窓会などで数年ぶりに会った旧友から「あんた老けたね!」などと言われたら胸に突き刺さるものがあるのではないでしょうか。

 

そこで、白髪染めをしてみてください。白髪がまったく目立たないほど黒い色がおすすめです。
化粧や服装も一世代若いものにすれば、たちまち見た目年齢が下がることでしょう。

 

パートナーからも「突然どうしたの?」と最初は驚かれるでしょうが、
「昔を思い出すね」、「若くなったよ」と次第に喜んでくれることは間違いありません。

 

男性だって愛は欲しいものです。奥さんが老けていくのは心苦しいですし、若い時代を取り戻して、
もう一度愛を育みたいと願っているものです。

 

若くありたいという気持ちが大切

これは白髪対策だけではありません。化粧、服装、日頃の生活態度すべてにおいて共通していることです。
いま目の前にいる旦那さんや奥さんも、もとは赤の他人から愛が育まれたということを、今一度思い出してみてください。

 

愛を囁きあうことも大事ですが、ときにはそれを態度や行動で示してみてはいかがでしょうか。
きっと愛はさらに深くなり、家庭も円満になることでしょう。