髪は女性の命。女性はいつまでも美しく見られたい

白髪に悩む大半は女性ですね。
男性であれば、「もう年かな」とろくに白髪染めやサプリメントなどの対策もしないで気にかけない方も多いですが、女性にとっては一大事です。
髪は女性の命と言う言葉があるほど、女性は自分の髪に執着します。

 

化粧を欠かさずにしていたのに…まさかの白髪

女性であれば個人差はあれど、少なからず毎日お化粧はすることでしょう。
少しでも若く、美しく見られたいとお化粧を欠かさない人も、白髪が見つかってしまっては元も子もありません。

 

女性ならいつまでも美しくありたいと思うものです。
若く、美しく見せるためには、顔だけではなく髪までも念入りにチェックしなければならないでしょう。

 

女性にありがちな白髪とは

女性が白髪に悩み始めるのは40代頃からですが、
中には30代半ば頃から序々に白髪が目立ち始める人も多いです。30代で白髪に悩む人は、

 

「周りの友達は白髪なんてほとんどないのに自分だけ…」、
「顔は童顔なのに白髪が生えている…」

 

などそれぞれ異なる問題を抱えているようですね。
確かに30代で白髪が生えている人は比較的珍しいかもしれません。その中で自分だけ白髪が生えているとどうしても目立ってしまいますし、なんとかしたいという葛藤も出てくるでしょう。

 

30代で生える白髪のポイントとしては、

 

「部分的に白髪が集中して生えている」、
「一見すると見えないが、前髪をかきあげると、白髪がまばらに目立つ」

 

などが挙げられます。
もしかしたら当てはまった人もいるのではないでしょうか。

 

30代女性の白髪の原因とは

とは言うものの、30代で白髪が生えてくるのはちょっと早すぎであり、加齢とは一概に断定できません。
もしかしたら日頃の生活習慣のガタが30代を境に来てしまったのかもしれません。

 

30代はまだまだ若い部類ですが、20代とは明らかに代謝、細胞分裂速度や運動能力などが下がってきます。
20代のうちは平気だったものの30代になると身体が堪えられなくなって、それが白髪に現れるということは十分考えられます。

 

30代で考えられる白髪の原因は「睡眠不足」と「ストレス」です。
30代になると多くの方が家庭を持ち、子育てに従事します。
毎夜子供の夜鳴きで慢性的な睡眠不足にもなったり、仕事と家事、育児を両立している家庭ではそのストレスも計り知れません。

 

自分では気づかないうちに美容や健康に対しておろそかになりがちで、結果的に健康を害することにも繋がります。
運動不足やバランスの悪い食事、睡眠不足、ストレスの蓄積はホルモンバランスを崩し、男性ホルモンの量が増え白髪が増えるといった原因も考えられます。

 

一般的に男性ホルモンは毛の量や太さなどを司るので、男性ホルモンが多い=白髪が減るというイメージですが、実は頭皮は男性ホルモンが多いと禿げやすくなり、また白髪も多くなるという研究成果も出ています。

 

さらに血行が悪くなると、頭皮に血液が回らなくなり、毛を作る毛母細胞が働かなくなります。
すると、メラニンの生成もされなくなり、不健康な白髪が生えてきます。しかも、この症状は脱毛症の一歩手前の黄色信号なので気をつけたいところです。

 

お肌の曲がり角を過ぎた頃を合図に、健康管理に対していままで以上に神経質になることをおすすめします。