白髪染めでアンチエイジングを目指そう

白髪対策として有効なのが白髪染めです。
白髪染めは現在生えている髪に対してのみ効果的で、根本的な改善解決には至りませんが、
外見を若く見せるためにはおすすめと言えるでしょう。

 

白髪染めを使うにあたって

白髪染めにはアンチエイジング効果があります。
本来アンチエイジングと言うと美容による肌の若返りなどを指しますが、見た目の年齢が若く見えるという点においては、白髪染めも十分その効果を発揮できるマストアイテムと言えます。

 

ただし、白髪染めをすれば誰でも若く見えるわけではありません。
一歩間違えると、「あの人白髪染めしているのバレバレだよね」、「正直ちょっと違和感が…」と周囲の噂になってしまいかねませんので、使用する前にいくつかの注意が必要となります。

 

年相応を意識しよう

極端な例を挙げると、80歳のお年寄りが白髪染めを使って少ない髪の毛を真っ黒に染めたところを想像してみてください。まず最初に言えるのは「ありえない」ですね。80歳になると髪は白髪になって当然であり、黒髪だと逆に不自然に映ります。

 

これと同じようなことが言えるのです。
60歳の中高年の女性が白髪染めを使用したとします。
白髪がちょっと目立つようになったくらいで、全体としてはまだまだ黒髪が圧倒的に多い場合、白髪染めで下手に黒色に染めてしまうと、「なんかあの色黒すぎない?」、「白髪多いのかな?」などと下手に勘ぐられてしまうこととなります。
白髪染めも最近はさまざまな色から選ぶことができますが、全体に塗ってしまうと黒色が強すぎる傾向にあり、白髪染めをしているのがバレてしまいます。
またブラウンやその他の明るい色もおすすめではあるのですが、元の髪の色と違いすぎると不自然さが浮き彫りになってしまうでしょう。

 

一度使うとやめられなくなる

白髪染めは塗った部分のみの色が変わるので、これから新しく生えてくる髪は当然白髪となります。
白髪染めを定期的に使用するのを怠ると、新しく生えてきた髪だけが白色となりますので、誰がどうみても不自然な髪型になります。

 

一度白髪染めを使うと、やめることができなくなってしまうのがネックなところです。
特に会社勤めの方であれば、やめたとたん白髪が増えますので、
「あの人、いままで白髪染めしていたんだ」、「なんか一気に老けたように見えるね」
と噂の種を振り撒いてしまう結果になるでしょう。

 

白髪染めでアンチエイジング

しかし、正しい使い方、正しい色を選ぶことができれば、きっとアンチエイジングが可能となります。
50歳でも40代の容姿を手に入れることも、60代で「若いですね」と言われることもあるでしょう。

 

白髪染めは白髪対策の初歩的なことなので、
誰もが気軽に試すことができるというのが一番の魅力かもしれません。