白髪染めの定番「利尻ヘアカラー」

累計750万本売れている大人気商品が「利尻ヘアカラー」です。
すでに白髪染めの定番となっていて、女性のみではなく男性からも支持されています。

 

利尻ヘアカラーの特徴

特徴は2つ。

「28種類の植物由来成分配合」

豊富で多種多様な植物由来成分が配合されているため髪にツヤと水分補給を与えます。
色素もシコン、ウコン、クチナシ、アナトーなど植物由来なので自然な色がつきます。

 

商品名にもなっている「利尻昆布」

利尻昆布のエキスを含有することによって、うるおい、保湿、保水を期待することができます。
他のページでも紹介しましたが、昆布のヌルヌル成分のフコイダンは保湿効果があり、さらにミネラルやアルギン酸が髪の潤い効果を格段に上げます。

 

若い年齢層からも支持

色はライトブラウンダークブラウンブラックの三種類で、
ライトブラウンは若白髪が目立つ20代30代の女性に圧倒的な支持があります。

 

ブラックは自然な黒髪の色なので、男性にとても人気です。

 

あくまでもトリートメント

利尻ヘアカラーはキューティクルを破壊しないで、髪の周りを着色コーティングするヘアマニキュアタイプです。
よって、髪にダメージはなく、むしろツヤやハリを取り戻すことができます。

 

しかし、利尻ヘアカラーはあくまでもトリートメント剤としての機能なので、色落ちは若干早め。
毎日シャンプーしていると3日間くらいで色落ちしてしまいます。

週2回から3回程度の使用で色落ちを防ぐ事が出来る

コストパフォーマンスとしては気持ち低いかもしれません。しかし、リンスやトリートメントは毎日シャンプーのあとに使うように、こちらも似たような感覚で使ことができるのであれば、髪に若さを取り戻しつつ白髪染めもできるので効率はいいですね。

 

頭皮が弱い方でも安心!

また、つんとくる刺激臭や頭皮の荒れなどもありませんので、
いままでアレルギーに悩んでいた人や、
白髪染めをしたあと頭皮がヒリヒリすると困っていた方にとっては救世主的存在になることでしょう。

 

色をつきやすくするコツ

口コミの中で、「色がなかなかつかない」というコメントも見受けられましたが、どの商品も最初は色がつきにくいものです。コツとしては、待機時間はラップをして保湿保温することです。美容院でもラップはしますよね。
また色がつきにくいのは最初だけで、
次回からは根元も含めて色つきが早くなりますので悩むことはないでしょう

 

これほどまでに売れている商品なので、口コミで賛否両論はありますが、一度ハマッてしまうと病みつきになる効果が期待できるのも利尻ヘアカラーの魅力の1つと言えるでしょう。