髪にしっかり浸透「煌髪(きらり)」

ヘアマニキュアタイプの白髪染め「煌髪(きらり)」は最近では女性の白髪染めの定番となってきましたね。
煌髪の人気の秘訣は、他の商品にはない独自技術といっていいでしょう。
「ヘアケアキューブ」という技術を配合しているのが特徴です。

 

ヘアケアキューブとは

煌髪の口コミで圧倒的に多いのが「色落ちが遅い」ということです。
こちらもヘアケアキューブの技術のおかげ。

 

一般的に、ヘアカラーは髪を守るキューティクルをこじ開けて、内部のメラニンの働きをストップさせ、代わりに染料を入れるというものでした。

 

対してヘアマニキュアは髪の外壁をコーティングするだけで、キューティクルを開けることはありません。
前者は色落ちがしにくい分髪を傷めますし、後者は髪への負担は少ないですが、色落ちが早いです。

 

煌髪はヘアカラーとマニキュアのいいトコどり!?

ヘアケアキューブと呼ばれる独自技術を用いて、髪を育むトリートメント成分や色をつける染料を髪の内部に「浸透」させることが可能となりました。
よって、ヘアマニキュアと比べると色落ちが少なく、またヘアカラーと比べると髪にとても優しいという、
正にいいとこ取りの白髪染め商品となります。

 

その他18種類のトリートメント成分が髪にほどよく浸透し、髪に保湿とツヤを与えます。

 

煌髪のお値段は?

1本あたりの値段は約3000円
ネット通販で購入できる白髪染め商品の中では安くもなく高くもなくと言ったところでしょう。また、まとめて購入するとさらに割引となりますので、使い慣れてきたら4本セットに申し込むのも経済的な方法です。

 

しかし、最大のネックが「初回平均5回使用」という点です。
公式ホームページにもありますが、白髪に理想の色をつけるためには、個人差もありますがおよそ5回程度使用しなければならないようです。
通常の白髪染めだと平均3回程度なので、ちょっと多いですね。
また、色もブラックとダークブラウンの2色のみなので、あと1種類か2種類程度欲しかったところですね。

 

とはいえ煌髪は依然として高い人気を誇る白髪染め商品であることに間違いはありません。
初めての方から、現在使用している商品の色落ちに困っている方はこちらをと試してみるといいかもしれませんね。