髪を補修する「ヴァーナルヘアカラー」

最近はヘアカラーと言えばヘアマニキュアの要素が強くなってきましたね。

 

今回ご紹介するのもその1つで、
ブリーチ(脱色作用)はなく髪をコーティングするヘアマニキュアタイプの白髪染めです。

 

マニキュアタイプだとヘアカラーのように手袋をしたり、つんとする刺激臭がないのが魅力で、
ちょっとした空き時間にテレビを見ながらできます。

 

安心のヴァーナルメーカー

まず会社情報ですが、製造販売しているのは福岡に本社を置く株式会社ヴァーナル。
女性のためのあらゆる化粧品を製造販売している大手なので、信頼と実績という点においてはネット通販随一かと思います。
東京と北九州に支店があり、販売拠点は台湾にも手を伸ばしている大手メーカーです。

 

基本はネット通販となりますが、ヴァーナルはショールームもあり、そこで化粧品を試すこともできます。
ショールームがあるネット通販会社は極めて珍しく、店舗があるというだけで大きな信頼の要素となります。

 

髪を治すヴァーナルヘアカラー

そのヴァーナルが提供しているヴァーナルヘアカラーは「ユズセラミドリペアアミノ酸」と呼ばれる成分が配合しているため、髪の内部に有効成分が浸透し髪を補修するのが特徴です。
髪の8割はたんぱく質で構成されていると言われていますが、そのたんぱく質の元となっているのがアミノ酸です。アミノ酸を含ませることによって、元気のない髪にツヤとハリとコシを与えることができます。
「自分の理想の色を出しつつ、傷みがちの髪を健康にしたい」という方におすすめです

 

その他にもビワ葉、ローズマリー、レモングラス、トウキ、ゼニアオイ、カキタンニンの6つのエキスがトリートメント成分として含まれています。
どれも植物由来なので髪に負担なく、また地肌に刺激もありません

 

口コミでは

「細い髪がなおった」、

「白髪にきちんと色が入って染まった」、
「コシがついた」

 

などと、白髪染めと髪の補修効果双方を実感できるのが魅力という意見が多数をしめていました。

 

デメリットは持続性

一方口コミの中には

「色落ちが早い」、
「シャンプーをすると泡に色がつく」、
「3日に一回やらなければならないので、なくなるペースが速い」

 

などの意見もありました。
投稿者の中には「大衆浴場で頭をシャンプーで洗っていたら、泡が茶色になって周りの人が驚いていた」なんて実体験もありました。

 

しかし、色落ちしたからといってすぐに白髪に戻るわけではなく、
段々と色が薄くなる程度なので、慌てる必要はありません。

 

根元から毛先までムラのない色を保ちたい方は3日一度くらいのペースで使わなければならないようなので、1本を使い切るペースは速いとのこと。
一本が約3000円と値段だけを見れば平均的ですが、購入頻度を考えるとちょっと割高になる可能性がありそうです。支持層はほとんどが女性で、男性受けはあまりよくないことも挙げられます。

 

上記踏まえても、実績のあるヴァーナルメーカーなので、一度は試してみてもいいかもしれませんね。